エリア:
萩・長門エリア 萩市
ジャンル:
美術

千葉市美術館所蔵 新版画 進化系UKIYO-Eの美

開催期間
2022年4月23日~2022年6月19日
開催場所
山口県立萩美術館・浦上記念館
千葉市美術館所蔵 新版画 進化系UKIYO-Eの美のイメージ
川瀬巴水「旅みやげ第一集 松嶋かつら島」大正8年(1919)

新版画は、江戸時代に目覚ましい進化を遂げた浮世絵版画の技と美意識を継承すべく、大正から昭和のはじめに興隆した木版画です。版元・渡邊庄三郎(1885-1962)のアイディアをもとに、伝統的な技術を用いながらも、画家たちの新鮮な感覚を重視して生み出された数々の優品は、制作された当初からアメリカを中心に海外でも高く評価され、国内外にファンを獲得してきました。現代において「Shin-hanga」は「Ukiyo-e」とともに、世界の共通語となりつつあります。
本展は、千葉市美術館が所蔵する新版画のコレクションから選りすぐりの約190点で構成されます。橋口五葉[はしぐちごよう]の《浴場の女》や伊東深水[いとうしんすい]の《対鏡》といった新版画の草創期につくられた初々しい傑作から、川瀬巴水[かわせはすい]の郷愁溢れる日本風景、吉田博[よしだひろし]の精緻な外国風景、山村耕花[やまむらこうか]や吉川観方[よしかわかんぼう]による個性的な役者絵を経て、昭和初期のモガを鮮烈に描いた小早川清[こばやかわきよし]《近代時世粧》に至るまで、新版画の成立から発展の歴史を代表的な作品によってたどることができる、充実した内容です。
美人・風景・役者の各ジャンルの花形作家たちの競演と、伝統技術の粋と革新的な表現の融合をお楽しみいただきたいと思います。

イベント公式サイト 

基本情報

開催日時 2022年4月23日~2022年6月19日
会場 山口県立萩美術館・浦上記念館 
料金 一般1500円
学生1,300円
70歳以上1,200円
18歳以下無料
※開催中の普通展示もご覧いただけます
主催・後援等 主催:新版画展萩実行委員会(山口県立萩美術館・浦上記念館、毎日新聞社、tysテレビ山口)、日本経済新聞社
後援:山口県教育委員会、萩市、萩市教育委員会
問合せ先 山口県立萩美術館・浦上記念館 0838-24-2400

会場マップ

このイベントを見た人は、下記のイベントも見ています。

表示するイベントがありません

山口の現在の天気

Clouds
15.16 °C

天気予報へ

シェアする